大阪に旅行に来たはいいが、宿泊地はどうするか

旅行者15

さて、大阪に旅行に来たのはいいが、宿泊するとしたら、どんな場所に宿泊するかが悩み所である。お金はあまり使いたくないし、寝ることさえできたら十分という猛者は、西成あいりん地区泊まってみてはいかがだろうか。

西成と言えば、日本のヨハネスブルグ、堕落した人間の最終駅などと称されているが、いざ行ってみればなんら普通の街と変わりはない。たまに変な人や昼間から酔いつぶれて奇声をあげる酔っぱらいなどもいる。しかし一昔前ならそんなのは普通の町でも当たり前の光景であったろう。

綿物価は安いし、住人は人情溢れるいい人も多いのだ。さて、話は変わって簡易宿舎の話題であるが、簡易宿舎といえども最近はそこらのビジネスホテルよりサービスが行き届いているところもある。何しろ競合が多いので、価格競争が激しいのだ。

一泊1500円で清潔なベッド、エアコン完備、そしてインターネットは使い放題である。腹が減ったら山王の商店街に出て庶民的な食堂で腹を満たす。三食1000円もあれば十分だ。西成あいりん地区は、一見さんお断りと言う独特の雰囲気があるが、一度入ってしまえばその独特な雰囲気に病み付きになるだろう。

旅行でホテルを上手に安く利用する

Posted on